流行のネイルを把握して楽しくおしゃれしよう!

ジェルネイル、ネイルサロンでオフするにはいくらかかる?

ネイルサロンでジェルネイルをオフするのに、いくらくらいかかるんだろう、と気になる人は多いのではないでしょうか。
そもそも、ネイルカラーはセルフでオフすることができるけれど、ジェルネイルはどうなんだろう、と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

 

こちらでは、ジェルネイルをネイルサロンでオフする際の相場から、セルフでオフできるのかどうかについて、ご説明します。

 

ネイルサロンでのジェルネイルオフの相場

 

ネイルサロンでジェルネイルをオフする際、具体的にいくらくらいかかるのでしょうか。
お店によって若干の差はあるものの、相場としてはだいたい2000〜3000円くらいを一つの目安と考えておくと良いでしょう。

 

オフするだけなのに高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ジェルネイルはオフする時に最も爪を傷めてしまうと言われています。
なので、多少値段が張っても、オフする時こそ丁寧にしたいものです。

 

ネイルサロンでオフすれば、プロならではの技術を駆使して、できる限り爪に負担をかけずにオフしてくれる上、キューティクルオイルなどで十分に爪を保湿したり、場合によってはハンドケアを取り入れたりと、ジェルネイルで疲れ気味の爪に至れり尽くせりのケアがセットになっていることも多いです。

 

自分ではなかなか行き届かないお手入れがセットになっていると考えると、実はそれほど高くないのかもしれません。
ちなみに、オフにかかる時間はだいたい30分〜1時間程度。このことも頭にいれておくと良いでしょう。

 

また、「もともとやっていたジェルネイルが剥がれてきたし、この機会にデザインにチェンジしたい」など、もともとジェルネイルをしたもらったお店でオフし、さらに新たなジェルネイルをする場合には、無料でオフできるお店も多いです。

 

つまり、ジェルネイルの施術の際にあらかじめオフ料金も込みになっているというわけです。
また、まれに他店のジェルネイルを無料でオフしてくれるお店もあります。

 

デザインチェンジのためにオフしたいと考えている場合はもちろん、そうでない場合も、オフが無料になるかどうかについては、お店やメニューによって異なりますので、事前にネイルサロンに確認してみましょう。

 

ジェルネイル、自分でオフできないの?

 

自分で手軽にジェルネイルをオフできたら良いな、と考える人も多いことでしょう。
ジェルネイルをオフするためのジェルリムーバーを購入し、ジェルを削るためのファイルなど、オフに必要なアイテムを揃えれば、ネイルサロンに行かなくても自分でジェルネイルをオフすることが可能です。

 

ただ、時々ジェルネイルを楽しむ程度、という方であれば、グッズを揃える手間を考えるとネイルサロンでオフするほうがお得でしょう。

 

また、爪に負担をかけないためにも、オフは慎重に行うべきです。オフの際に適当にジェルを削り落とし、爪に余計な力を加えてしまうとトラブルに発展する可能性も高いです。

 

また、パーツなどを付けている場合にはアクリルニッパーで取り除いてからジェルリムーバーを使用しますが、器具使い方を誤るとけがをする恐れもあります。

 

やはり、ジェルネイルに慣れないうちは、ネイルサロンにオフを任せたほうが安全です。ネイルサロンでは、使用する器具等の衛生管理も徹底しているので、その点も安心です。

 

ご褒美感覚でネイルサロンでのオフを取り入れてみる

 

ネイルサロンでオフすれば、爪への負担が最小限ですみます。でも、自分でオフしたほうが、お財布に優しいし続きそう、という人もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、慣れてきたら自分でオフに挑戦するのもいいでしょう。ただ、自分と、自分の爪へのご褒美として、時にはご褒美感覚でネイルサロンでのオフを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

やはり、プロによるお手入れを経験すれば、ジェルネイルで傷みがちな爪も元気に回復することが期待できます。自爪が美しければ美しいほど、ジェルネイルも映えるもの。ジェルネイルをしていてもしていなくても、きらきらと輝くような指先は憧れの的です。

 

自爪を強く美しく保つために、ネイルサロンを賢く使って、オフの際にもちょっと気を配ってみてはいかがでしょうか。

 

アイネイルズ渋谷店の料金一覧はこちら

ジェルネイルの2大トラブルを回避するために――原因と対策とは

一度したら、その美しさ、光沢感、そして持ちの良さから、リピートする人が続出するジェルネイル。

 

ところが、爪に必要以上に負担をかけてしまうことによって、トラブルを招く恐れがあります。ジェルネイルに関してどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
こちらでは、ジェルネイルの2大トラブルとその原因、対策についてご説明します。

 

爪が薄くなった!

 

原因

ジェルネイルでは、ジェルをしっかりと定着させるために爪の表面を削る、サンディングという工程があります。サンディングで手を抜いてしまうと、ジェルの定着が悪くなり、持ちの良さに影響が出ます。

 

また、ジェルネイルをオフする際にも、ジェルネイルリムーバーを爪に染みこませる前に、ジェル部分を削り取る作業を行わなければなりません。ここでは、爪を削ることなくジェル部分だけを削り取る必要があります。

 

いずれも、その工程に応じた力加減で作業をしなければなりません。弱すぎても強すぎても、満足いく仕上がりにならないでしょう。

 

とりわけ強い力で行った時に発生するのが、爪が薄くなるという状態です。削りすぎて薄くなった場合はもちろん、乾燥によって二枚爪になることもありますし、通常であれば何ともない、外部からのちょっとした刺激にも痛みを感じることがあります。

 

対策

 

セルフでジェルネイルをした場合、特に初心者の方は力加減がわかりづらいことでしょう。爪に少しでも異常や痛みを感じたら、自己判断するのは最も危険です。医療機関で診てもらうようにしましょう。

 

また、セルフジェルネイルは手軽に、しかも安価でできるのが特徴ですが、ある程度の知識とテクニックが必要です。最初のうちはネイルサロンにお願いするのが安心です。

 

さらに、乾燥対策として、手全体をハンドクリームで保湿し、爪周りはキューティクルオイルでケアすると、潤い成分と栄養が爪に行き渡り、健康な爪を目指せます。

 

爪が黄ばんできた!

 

原因

ベースコートを塗らずにジェルを塗り、長時間ほったらかしにしたせいで色素沈着したことが考えられます。さらに、リムーバーに含まれる、揮発性の高いアセトンが原因で爪が乾燥し、もともとの爪の色素を吸収しやすくなっているという可能性もあります。

 

対策

爪が黄ばんできたら、ジェルネイルはお休みすること。また、乾燥を防ぐためにハンドクリームとキューティクルオイルでケアすることも忘れないようにしましょう。ベースコートを使うことも忘れずに。

 

一度試すとその良さを実感できるのがジェルネイル。ただ、一歩間違えると、大きなトラブルにつながりかねません。異常を感じたら、すぐに医療機関に診てもらいましょう。慣れるまでは、ネイルサロンに依頼するのがベターです。